開催内容変更について

新型コロナウィルス感染拡大を受け、静岡書道パフォーマンスアワードは下記のように内容を変更して開催することと致しましたのでご報告いたします。また、詳細につきましては、「改訂募集要項」をはじめ応募に関する資料がHP内「参加募集要項」に掲載されておりますので、そちらをご確認ください。

 

― 開 催 内 容 ―

 

今回に限り特例として、映像審査による予選と、予選を通過した上位校のライブ審査による本戦で構成する。また、新型コロナウィルス感染拡大の状況次第で本戦開催を中止する場合がある。その場合、映像審査の順位が正式な結果となる。

 

予 選(映像審査)

静岡書道パフォーマンスアワード実行委員会が委嘱した審査員による映像審査を実施。本戦開催の可否及び本戦出場校数は、社会情勢をもとに判断し下記日程で発表する。但し、上位校に入賞したが、学校側の判断等で本戦へ参加できないチームが出た場合は、参加可能校数まで下位チームを繰り上げて参加校を決定する。

 

◎結果発表日時 : 令和2年11月20日(金曜日)公式HP及び参加校への郵送にて予選結果を発表

 

本 戦(ライブ審査)

予選上位校は、エスパルスドリームプラザでパフォーマンスを披露する。本戦出場校は、予選の順位は関係なく、本戦の審査結果が正式な順位となる。また、発表内容については、予選と同様でも別演目に変えても可とする。

 

開催日時令和2年12月20日(日曜日)時間についても予選結果発表時に公表  ※雨天決行

 

 

令和2年7月12日

静岡書道パフォーマンスアワード実行委員会

コメント